src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

LEXUS LC / レクサス LC ドライブレコーダー取り付け

2020年10月13日

Pocket

レクサス LC にコムテックドライブレコーダー取り付けました。

ピラーの取り外し

ステップカバーを前と後ろの端の方から持ち上げるように取り外します。
画像の矢印の部分ステップカバーの前にあるパネルを、手前に引っ張って外します。
画像の矢印部分 デフロスターの吹き出し口の付いているパネルを手前に引っ張って外します。ツメがかなりかたいので結構力がいります。
ウェザーストリップの隙間に指先を差し込んでピラーを内側に引っ張ります。
ピラーを内側に引っ張りながら画像の矢印部分のピンのロックを押して、車両からピンごとピラーを切り離して、斜め上にピラーを引き抜きます。
ピラーを引き抜いたらピンをピラーに押し込んで固定しておきます。こうしておくと復元が楽になります。

ドライブレコーダー取り付け

コムテックのHDR360GとオプションのHDROP-14を取り付けます。
ドライブレコーダー本体はフロントガラスのレインセンサー左側に取り付けます。取り付けベースから少し上にスライドして本体を外す構造になっているのでスライドができるようにルーフライニングと間を少しあけて貼り付けます。オプションのケーブルHDROP-14を接続してルーフライニングの隙間に差し込んで、ピラーの内側の車両ハーネスに沿って固定して下に取り回します。ステップカバーの前のパネルの裏側で、常時電源とACCを取得して、アースポイントにアースを共じめします。動作確認して外したパネル等を復元して完了です。

広告