src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

LEXUS LX / レクサス LX ドライブレコーダー取り付け

2020年10月11日

Pocket

電源の取り出し

スポンサーリンク
運転席側のサイドパネル取り外し。内張剥がしを隙間に差し込んめば簡単に外れます。
矢印のタッピングスクリュー をゆるめて、○印のツメを押してアンダーカバーを少し下にずらします。
○印の位置のカバーを細いマイナスドライバー等で開けて、10mmのボルトをゆるめます。
スィッチパネルを手前に引っ張り出して、コネクターを切り離してパネルを外します。外したスィッチパネルの下のETCの装着されたボックスの周りのパネルを引っ張って浮かせます。
○印の位置のツメと矢印の位置にツメがあります。3箇所のツメの嵌合を外して手前に引き出します。上側のスィッチのコネクターと、ETCのコネクター3箇所を切り離してETCボックスを取り出します。
ETCのコネクターから電源を取り出します。画像の一番左の緑色の線が常時電源、薄い茶色の線がACCになります。
ETCのボックスの奥の矢印の位置に、アースポイントがあるのでアースはここに共じめします。

ドライブレコーダー本体の取り付け

○印の位置のカバーを外して、10mmのボルトを緩めてアシストグリップを外して、ピラーを外します。
ピラーを外す時矢印のスピーカーコネクターを切り離します。
ルームミラーを一番下に向けて、矢印の位置に指を差し込んで下に押し下げてカバー全体をずらします。
カバー全体を押し下げたら矢印の小さいカバーを上の方から手前に持ち上げるように外します。小さいカバーが外れると、カバー全体を下にスライドして取り外します。
カバーが取り除けたらドライブレコーダーの配線を、ピラーから立ち上げてルーフライニングの隙間に差し込んで取り回します。
ドライブレコーダー本体に配線を接続して、レインセンサー横の位置に貼り付けて配線を固定していきます。
駐車監視ユニットに配線接続して、ETCの上に貼り付けます。キーをACCにして作動を確認したら、復元していきます。最後にエンジンをかけてETC等電源が入っているかチェックして終了です。

広告