src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

LEXUS / レクサスLS ドライブレコーダー用常時電源ユニット取り付け

Pocket

レクサス LSにドライブレコーダー用常時電源ユニット取り付け。
元々T’Zのレーダー連動ドライブレコーダーが付いており、常時電源ユニットGDO-10を取り付ける事で駐車監視が可能になります。常時電源とACCはシフトパネルの裏リモートタッチのコネクタから取得。アースはコンソール横のパネルを外して、カーペットを少しめくるとアースポイントがあるので共じめします。あとは電源ケーブルをフロアカーペットの下、助手席サイドパネルの内側、ピラーの内側の車両ハーネスに固定してルーフライニングの隙間に差し込みドライブレコーダーに接続するだけです。
ドライブレコーダーの右側が常時電源ユニットのケーブル。左側はレーダーとの通信ケーブル。通信ケーブルだけでレーダーから電源供給、GPSデータをもらって、レーダーでドライブレコーダーの画像確認ができます。
最後にレーダーのリモコンを使って駐車監視モードをONにして完成です。

広告