src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

LEXUS CT / レクサス CT 前後ドライブレコーダー、レーダー取り付け

Pocket

レクサス CT にT’Zの前後ドライブレコーダーとセルスターのレーダー取り付け。

前後ドライブレコーダー取り付け

リアカメラはリアガラス上側の中央に取り付け。バックドアハーネスが通してあるグロメットにカメラケーブルを通してリアカメラに接続します。ルーフ側に引き込んだケーブルは車両左側を取り回します。バックドア部はウェザーストリップを浮かせてルーフとルーフライニングの隙間に通して左側ピラーとルーフライニングの間に差し込みます。リアドア開口部はウェザーストリップを浮かせてリアピラー、リアシート横のパネルとボディの間に通して下に下ろします。前後スカッフプレートを外して車両ハーネスに沿って助手席足元に取り回します。
電源はグローブボックス左側奥の車両ハーネスにテーピングされている青色オプションコネクタから取得します。アースはニーエアバッグ固定ボルトに共じめします。レーダーの電源も一緒に取得しておきます。電源ケーブルとカメラケーブルをサイドパネル裏からピラー下なな立ち上げてドライブレコーダーに接続します。フロントガラスに取り付けてクランプでケーブルを固定してルーフライニングに差し込みます。ピラー内側の車両ハーネスに固定して余長はグローブボックス奥に収めます。駐車監視ユニットは助手席アンダーカバー上に取り付けます。

レーダー取り付け

ドライブレコーダーの電源と一緒に取得した電源ケーブルをグローブボックス裏からコンソール前の左右カバーを外してヒーターユニット下に通して運転席側に取り回します。運転席フロアカーペット下に通してカウルサイドパネル奥から引き出します。サイドパネル裏からピラー下に立ち上げてレーダーに接続します。ピラー下にレーダーを固定してケーブルの長さを調整しながらピラーを復元します。レーダー、ドライブレコーダーの動作確認、カメラの角度調整をしたら復元して完成です。

広告