src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

SIENTA / シエンタ 純正ナビ,ETC,ドライブレコーダー 取り付け

2020年10月11日

Pocket

シエンタ 純正ナビ、ETC、T’Zドライブレコーダー 取り付け。今回は同じ型のシエンタから取り外したものを移設です。
純正ナビなのでナビ裏の配線を引き出して、バックモニター、ステアリングスィッチ、電源とスピーカー、アンテナ、車両信号(車速、パーキング、リバース)、CAN信号、接続可能なコネクタをできる限り接続します。TVアンテナ、GPSアンテナ線とマイク、スィッチを取り付けてナビ裏まで配線とりまわして、接続すればナビは完成です。
ドライブレコーダーはフロントガラスに貼り付け、駐車監視ユニットがついているので常時電源、ACC、アースをナビ裏で取得。駐車監視ユニットは助手側の足元の見えにくい場所に設置。
ETCは運転席ロアパネルを外して切り欠き部分を切り抜いて取り付けます。配線はアンテナとナビ連動線だけです。取り付け後にわかったのですが、セキュリティロックを解除して立ち上がったのですがバックモニターが映らないことが判り、もう一度ナビを外して裏の配線を確認ナビレディパッケージなので、カメラはメーカーで装着されてくるので配線をナビに接続するだけなので問題ないはず。車両をよく見るとサイドミラー下にカメラを発見、どうやら仕様が変更されてナビレディパッケージがパノラミックビューモニターになっていました。ナビのダイアグモードからパノラミックビューモニター付き車のデータを入れて設定をしたら無事バックモニター映像確認できました。

広告