src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

広告

広告

LEXUS LX / レクサス LX レーダー、前後ドライブレコーダー取り付け

Pocket

レクサス LXにT’Zの前後ドライブレコーダーとユピテルのレーダー取り付け。

リアカメラの取り付け

リアカメラはリアガラス上部ハイマウントストップランプ下の中央に取り付け。カメラケーブルをバックドアハーネスが通してあるグロメットに通してカメラに接続。ハイマウントストップランプが付いているバックドアパネルを復元します。この時にカメラケーブルがハイマウントストップランプに被らないようにパネルにクランプで固定します。ルーフ側に引き込んだケーブルはサードシート横まではルーフライニングの隙間に差し込み、リアドア開口部はウェザーストリップと内張の間に差し込んで下に下ろします。前後のスカッフプレートを外して助手席足元まで取り回します。

電源取得、レーダー取り付け

ドライブレコーダー、レーダーとも運転席右側のETC裏から電源取得します。アースはETC奥のアースポイントに共じめします。レーダー用電源ケーブルをサイドパネル奥からピラー下に立ち上げてレーダーに接続します。ピラーを復元しながらケーブルの長さを調整します。レーダーをインパネに取り付けます。
ドライブレコーダー用の電源ケーブルは運転席アンダーパネル上からコンソール奥ヒーターユニット下を通して助手席側に引き出します。助手席側はフロアカーペット下に通して助手席足元まで取り回します。駐車監視ユニットは運転席アンダーパネル上に取り付けます。

フロントカメラの取り付け

カメラケーブルと電源ケーブルを一緒にサイドパネル奥からピラー下に立ち上げてカメラに前後します。ルームミラー裏の位置に取り付けてクランプで固定してルーフライニングに差し込みます。ピラー内側の車両ハーネスに沿って固定して、余長部はカウルサイドパネル裏に束ねて収めます。動作確認とリアカメラの角度調整をしたら復元して完成です。

広告